Advertisement
  1. Computer Skills
  2. macOS

MacOS のアクセシビリティへの初心者ガイド

by
Read Time:8 minsLanguages:

Japanese (日本語) translation by Hiroki Yagami (you can also view the original English article)

2017 年 12 月 3 日、国連によって促進される国際障害者デーの 25 周年です。

このチュートリアルで、特定のニーズを持つ人々を助けるための Apple によって促進される支援技術のいくつか紹介します。

歴史

国連の国際障害者デーは、障害者問題の理解を促進し、尊厳、権利と障がい者の福利をサポートするものです。

この毎年恒例の祭典を通じて国連は政治的、社会的、経済的、文化的な生活のあらゆる面を統合した障害者から得られるべき利点の意識を高めるように努めます。

Apple、Macと障害を持つ人々

Appleは、このAppleのプロモーション ビデオに示すように、Mac 上でスイッチコントロールを使用をしているサディー・ポールソンをふくむ誰でもアクセスできるようにする必要がある技術にするべきと考えることを述べています。

サディー・ポールソンはスイッチコントロールを使用してmac 上のフィルムを編集する Final Cut Pro の認定ビデオ エディターです。

Apple - アクセシビリティ - サディー、 Apple の丁重な取扱いに関するYouTubeのビデオ

Appleによると、「考えられる技術は誰にでもアクセスできるようにする必要があります。世界で最も強力な技術とは、障害を持つ人々 を含む、誰もが使える技術です。 働くために、作成、通信、滞在形態、そしてエンターティメントのために。一部の人々だけのためにも、多くの人々だけのためだけのための製品をデザインしないでください。私たちそれらの設計者のうちの一人です。」

支援技術

障害を持つ、いくつかの人々 は、コンピューター支援技術の使用で助けられています。

Appleでは、特定のニーズを持っている人をよりアクセスできるように、ソフトウェア支援技術があります。支援技術は、プレゼンテーションを作成する視覚障害者と従来のマウスまたはトラックパッド入力デバイスなしでビデオを編集する身体的障害を持つ人に役立ちます。

支援技術の主な分野

1. 視覚障害者と視覚耗弱者

VoiceOverVoiceOverVoiceOver
VoiceOver

視力の問題を持つ人々のための、Apple の VoiceOverアプリケーションは単純な音声合成を超えたスクリーンリーダーアプリケーションです。Appleが、macOS のすべての組み込みのアプリケーションと互換性があることを意味深く統合したのがVoiceOverです。

VoiceOverの開発は、画面上にあるものを伝えると同時に、特定のアクションを導くためのものです。たとえば、プレゼンテーションの作成、アプリ間の移動や、ビデオ編集です。

Appleは、VoiceOver の互換性を自分のアプリケーションに統合する開発者に役立つ情報も提供します。

macOS High Sierraで、Appleは、PDF ドキュメントやメッセージをナビゲートしやすく VoiceOverを強化しました。Safariで のVoiceOverの機能強化には、自動的に外国語で表示されるウェブサイトの正しい音声への切り替えを含むウェブサイトのナビゲーション改善が含まれます。

Mac 上で詳細な音声での映画の説明を見ることができます。映画の音声での説明は、iTunes Storeで広告のアイコンで示されます。

VoiceOver は100以上の互換性のある更新式の点字ディスプレイをサポートしています、最初のスクリーン リーダーです。

更新式点字ディスプレイは、平らな面に穴を介して発生する丸い先端ピンによる点字を表示する電気機械デバイスです。コンピューターのモニターを使用することができない視覚障害者のコンピューターのユーザーは、テキスト出力の読み取りに使用できます。

Apple社の macOs は、返信メールや 40 以上の言語で、インターネットをナビゲートする手順を決定することがコンピューターにできます。 ディクテーションは、50 の書式設定とコマンド編集などをイタリック体の単語や文で Mac と話をすることができます。ユーザーは、Automator ワークフローを作成するためのディクテーション コマンドをさらに持ちます。

Siriは最初に導入されたiOS デバイスで、macOS で使用可能なVoiceOverと統合します。それを使用して、ファイルを検索し、声を出して読みます。

部分的に支援するために、またはそれ以外の視覚障害者のために、カーソルの表示倍率または他のオプションを強調します。大画面でのマウス ポインターの位置は、それを拡大するために、マウスを振ります。

コントラストオプションは、Mac ユーザーは色を反転、グレースケールを有効化できます。また異なるニーズを持つ誰でも、表示をより簡単に見ることができます。いくつかの方法で変更が適用されたシステム全体をコントラストオプションの変更によりできます。

最近の数年間は、Mac のソフトウェアとハードウェアの電源はいくつかの巧妙なユーザーインターフェイスのアニメーションを可能にしました。しかしながら、多くの視覚的に魅力的なそれらはすべての人に役立つものではありません。 画面要素の動きによって影響されるそれらのスペース通知センタードックなどの分野での動きを抑えることができます。

2. 聴覚障害者や聴覚困難者

Closed CaptionsClosed CaptionsClosed Captions
クローズド キャプション

聴覚障害者や聴覚困難者、FaceTimeで手話を使う人は自分の Mac から誰でも他の iOS デバイスまたは Mac を使用してより簡単に通信することができます。

macOS High Sierra以来、Siriは質問と指示を受け入れます。新しいSiriの入力モードは、キーボードを介してデジタル アシスタントの使用を有効にします。

ITunes 経由で、映画、テレビ番組、ポッド キャストのクローズド ・ キャプションをサポートする CC アイコンが表示されます。Mac ユーザーは、フォント サイズおよびキャプションのスタイルを変更できます。

彼らの耳の左右いずれかのサウンドを聞き逃す人のためにステレオ音楽は適切ではありません。明確な左と右のオーディオ チャネルの変更だけはなく、それぞれを別のオーディオと macOS により 2 つの間の音量バランスを調整する機能を持つヘッドフォンの両方の側面を左と右のオーディオ チャネルで再生できます。

システム警告音は簡単に聞き逃すかもしれません、注意が必要な場合にスクリーンフラッシュをオンすることができます。システムのビープ音を使用して、任意のアプリケーションで動作します。

多くの人々 のお互いのテキスト メッセージの種類によらず、iMessage は人の話だけではなく、テキストを介した通信をより簡単に見つけるための素晴らしいツールです。

3. 身体障害者・運動技能障害者

Accessibility KeyboardAccessibility KeyboardAccessibility Keyboard
アクセシビリティキーボード

キーボードはずっと何十年もコンピューターの主要な入力デバイスでしたそしてMacも違いがありません。しかし、キーボードは、誰にでも適しているものではありません。 いくつかの変更をせずには身体障害や運動能力に問題がある人に困難な問題があります。

MacOS High Sierra以来アクセシビリティキーボードは、カスタマイズ可能なオンスクリーン キーボードはバリアフリーを助け、より高度な入力およびナビゲーション実践するものです。マウスをクリックするまで必要とせず macOS を使用ことができることを意味しています。ヘッドトラッキング ソフトウェアもサポートしています。

再び、Appleのデジタル アシスタント、Siriはインターネットを検索する要求をしたり、ドキュメントを検索、通知を作成したり、メッセージや電子メールを送信ができます。

ディクテーション コマンド、Automator の併用は mac に話やすい人のためのプロセスを自動化するための強力なツールです。

Apple has lots of support materials on its websiteApple has lots of support materials on its websiteApple has lots of support materials on its website
Apple社のウェブサイトにサポート資料がたくさんあります。

広範な運動能力の課題を持つ人々のためのスイッチコントロールは、画面のキーボード、メニューのドックに移動するのに強力な支援技術です。

スイッチ、ジョイスティックまたはキーボードやトラック パッドでのタップは、適切なデバイスとして機能できます。このコントロールは、Mac ユーザーが iPad や iPhone などの iCloud アカウントと同期その他の機器を操作できるプラットフォームの切り替えでさらに一歩進みます。

スティッキーキースローキーマウス キーなど、他の機能は、器用さの問題として macOS に組み込まれています。キーを押すと表示され、確認のための効果音を伴います。

またはキー押されているとされている間の遅延を導入するキーボードの感度を調整することができます。確認のため音の選択と入力をします。

数値キーパッドのキーは、マウスやトラック パッドに代わるものとしてこのようなデバイスが使いにくい人のためカーソルを制御する使用できます。これは、メニューのアプリケーション ウィンドウやドックの移動に使用できます。

4. 学習と識字障害

読み取り、または書き込んだことを聞くことときができることでより学ぶ事ができる人がいます。テキストからスピーチは、書籍やウェブサイトの読み取りに使用できます。それは 1 つのテキストのセクションを強調表示し、 42 の異なる言語に、また 70 の声で読みます。

Pressing the F5 key helps vocabulary with word completionPressing the F5 key helps vocabulary with word completionPressing the F5 key helps vocabulary with word completion
F5 キーを押しての語彙単語補完に役立ちます。

F5 キーを押しての語彙単語補完に役立ちます。macOS では、ユーザーが選択するための単語をサジェスします。

学習障害や認知の問題を持つ人々のために、シンプルなFinder ドックを削減して3 つのフォルダーとアプリに使用制限できます。フォルダーやファイルは、ユーザー インターフェイスを簡素化する 1 つのウィンドウできちんと整理アイコンとして表示されます。

他のアプリでは、私たちの多くが当然にするように、FaceTimeは手話を使ってコミュニケーションする人々を助けるようです。iMessageテキストからスピーチとの組み合わせて使用すれば、声を出して読む単語を聞くことができます。

アクセシビリティオプションにアクセスする方法

Accessibility OptionsAccessibility OptionsAccessibility Options
アクセシビリティオプション

上記で説明した、支援技術は、macOS High Sierraとすべての Mac の一部です。それらの多くは、macOSOS X の以前のバージョンに含まれます。

これらの技術は、アクセシビリティオプションウィンドウを介して迅速かつ簡単にアクセスできます。このアクセスはどの Mac に使用しているかによって異なります。

  • 外付けキーボード (Mac mini、iMac) からOption-Command-F5キーを押す
  • 内蔵キーボード (MacBook) のFn-Option-Command-F5 キーを押す
  • Touch ID を持つ macbook、Touch IDのトリプルタッチ

ウィンドウを閉じるか、[完了] をクリックしてウィンドウの外をクリックします。

役に立つリンク

Accessibility AccessoriesAccessibility AccessoriesAccessibility Accessories
アクセシビリティ アクセサリー

結論

このチュートリアルでお見せしたのは障害を持つ人々に易しくコンピューターの使用に設計された macOS とOS X に組み込まれているユーザー補助技術ソフトウェアの一部です。

アクセシビリティはApple社の中核的価値であり、エンジニアが詳細にわたって、すべての製品のユーザー補助機能を実装する方法を訓練されます。それだけでなく、ユーザー補助機能を追加料金なしで組み込み費用、これら支援技術、すべての Mac ユーザーが利用できます。

Advertisement
Advertisement
Looking for something to help kick start your next project?
Envato Market has a range of items for sale to help get you started.