Unlimited WordPress themes, graphics, videos & courses! Unlimited asset downloads! From $16.50/m
Advertisement
  1. Computer Skills
  2. Networking
Computers

空港ユーティリティの説明

by
Difficulty:IntermediateLength:LongLanguages:

Japanese (日本語) translation by Hakima Madani (you can also view the original English article)

空港は、すべてのものの WiFi ルーターや基地局のラインアップにお使いの Mac に組み込まれたテクノロジからアップルの用語です。聞いたことがありますも空港のプレインストール ユーティリティあなたのアプリケーション ・ フォルダーに隠れてから: 空港ユーティリティ

このチュートリアルでは、空港ユーティリティ、傷や構成またはアクセスを制限する方法から空港基地局の設定などの基本を示します。

空港極端なまたはタイム カプセルを設定

新しい空港極端なまたはタイム カプセルを設定する際、空港ユーティリティは、そのプロセスを処理するアプリです。開始する前に、App Store での更新タブをチェックすることによって空港ユーティリティの最新バージョンがある場合を確認します。

新しい空港のデバイスを電源に接続を確保し、該当する場合でそれを切り替えます。アプリケーション フォルダー内のユーティリティのサブ フォルダーから空港ユーティリティを起動します。 これは数分をかかることがありますが空港ユーティリティは空港デバイスへの接続を試みます。

空港デバイスが検出されると、他の Wi-Fi デバイスの工場出荷時プリセット名が表示されます。これをクリックし、表示されるリストからデバイスを選択します。

新しい空港のエクストリームまたはタイムカプセルは、新しい空港基地局 ラベルの下に表示されます。

空港ユーティリティ、任意近隣のネットワークに関するいくつかの情報が集まります。このプロセスは、ほんの数分をかかる、心配してはいけない;それは正常です。

空港ユーティリティは、情報を集め、一度空港基地局ネットワークのセットアップの一部として動作をする方法に応じて、利用可能の 3 つのオプションになります。

  • 新しいネットワークを作成する – このオプションは、空港ベースステーションが独立して接続できる独自のネットワークを実行するようにします。有線インターネット接続をワイヤレスで利用できるようにデバイスを使用している場合に便利です。
  • 既存のネットワークに追加 – このオプションは、新しいデバイスを接続したり、その範囲を拡張するために、既存の WiFi ネットワークに参加する空港基地局を許可します。
  • 既存のデバイスを置き換える – このオプションを使用すると、既存の空港デバイスまたは他の Apple 以外のルーターを新しいベースステーションに完全に置き換えることができます。注: 空港エクストリームはモデムを取り替えることができません。

デフォルトでは、空港ユーティリティは、最初のオプションである 新しいネットワークの作成 に従っているかのようにセットアッププロセスを開始します。必要に応じて、その他のオプション をクリックし、目的のオプションを選択し、次へボタンをクリックして変更します。

新しいネットワークを作成します。

新しいネットワークを作成するには、目的の名前とベース ステーションは、将来的に簡単に参照および新しいワイヤレス ネットワークのパスワードを入力します。次へをクリックします。

将来的に接続するときに表示されるワイヤレス ネットワークのカスタム名を設定できます。

に従って、画面に表示されるデバイスをイーサネット ケーブルで接続します。空港デバイスのポートの正確な位置モデル間で異なりますが、空港ユーティリティは、正しい 1 つを指摘します。

空港デバイスが正常に接続されているとき空港ユーティリティ自動的に行けば次の画面へ。次へ をクリックします。プロンプトが表示されたら、クリックします。

空港デバイスはセットアップし、空港ユーティリティが自動的にあなたの Mac、新しいワイヤレス ネットワークに接続します。

既存のネットワークに追加します。

既存のネットワークオプションに追加するを選択したら、一覧から拡張する既存のワイヤレスネットワークを選択し、次へをクリックします。

基地局の名前とパスワードを入力します。これは、将来の参考のため、空港のデバイスの設定を変更するのに使用されます。これらのどちらもは既存ネットワークの詳細として同じする必要があります。次へ をクリックします。

プロンプトが表示されたら、完了ボタンをクリックします。

既存のデバイスを置き換える

 既存のデバイスを置き換える オプションを選択することにより、空港ユーティリティは、既存の空港ベースステーションまたは Apple 以外のルーターを交換するかどうかを尋ねられます。適切なを選択し、 次へ をクリックします。

既存の空港基地局を交換することを選択した場合は、古いデバイスがまだ接続され、隣接するネットワークに接続されているいることを確認します。空港ユーティリティのリストからこのネットワークを選択し、 次へ をクリックします。

表示されます-これらによって異なりますデバイスと既存のネットワーク構成の種類任意の追加手順に従います。空港の新しいデバイスは、古い空港基地局の役割を交換する適切に構成されます。

プロンプトが表示されたら、空港基地局を既存のルーターからイーサネット ケーブルを移動します。

されたら非アップル ルーターを交換することを選択した場合、古いデバイスからイーサネット ケーブルを取り外します、空港基地局に差し込みます。これは特定のモデルに依存空港ユーティリティ正確、使用するポートが表示されます。

上記の 新しいネットワークの作成 セクションの手順に従います。後で参照しやすいように、ベースステーションと新しいワイヤレスネットワークの両方に必要な名前とパスワードを入力します。最後に、 次へ をクリックします。

空港基地局の構成

空港ベースステーションの初期設定を実行した後でも、必要に応じてデバイスの設定を変更するために、空港ユーティリティが使用されます。変更を行うには、 エアポートユーティリティを起動し、空港ベースステーションを選択して 編集 をクリックします。

 編集 をクリックすると、前に空港ユーティリティを提供しています現在の空港セットアップに関するいくつかの基本的な詳細へのクイック アクセス。

空港ユーティリティを処理するさまざまな構成オプションは、次の 5 つのセクションに分割されます。

  • ベースステーション – ベースステーションがブロードキャストするネットワークにサインインするために定義した認証情報から独立した、デバイスの名前とログイン情報。
  • インターネ – ットの基地局がカスタムの DNS サーバーの設定を含む、インターネットに接続する方法に関連するオプション。
  • ワイヤレス – ベースステーションが作成または拡張するすべてのワイヤレスネットワークの設定。
  • ネットワーク – ルータモードの設定、スタティック IP アドレスの予約、ポート制御、およびタイミングアクセス制御を含むさまざまなネットワークオプション。
  • ディスク – 基地局を共有しているすべての接続されているストレージ デバイスの管理。

基地局

ベースステーションの名前とパスワードを編集するには、 ベースステーション タブを選択し、目的の名前またはパスワードを入力して、 更新 をクリックします。

 ベースステーション オプションを使用すると、個々のベースステーションの情報を変更できます。

 My Mac に戻って空港ベースステーションを使用する場合は、 ボタンをクリックし、Apple ID とパスワードを入力して、 サインイン をクリックします。 更新 をクリックします。 基地局になって Apple id でも My Mac 機能を削除するリストから Apple ID を選択し、クリックして  ボタン。

インターネット

 インターネット タブでは、空港の基地局がインターネットにアクセスする接続されているデバイスに必要なすべてを処理する方法、変更を行うことができます。

インターネットへの接続に使用するプロトコルを変更する必要なオプション – DHCPまたは静的PPPoE を選択 – リスト更新 をクリックからします。DHCP リースを更新ボタンをクリックして簡単に DHCP リースを更新することができます。

このセクションはまたように基地局のローカル アドレスと思われる IPv4 アドレスを将来的に必要な診断情報を示します。場合を除き、正当な理由があるかように指示されますそれ以外の場合、これらのオプションをそのままに一般的にお勧めします。

 インターネット タブでは、インターネットへの接続に使用するプロトコルの構成を処理します。

 インターネット  タブでは、該当するフィールドに入力し、更新  をクリックして構成できますカスタムの DNS サーバーを使用することもできます。DNS サーバーの詳細については、DNS を変更するチュートリアル方法より安全で、高速ブラウジングのためを参照してください。

いくつかの追加の IPv6 オプションは、 インターネット タブの下部にある インターネット オプション をクリックしても変更できます。もう一度、これを行う指示があるそれ以外の場合、既定値としてこれらのオプションを残してお勧めします。

ワイヤレス

その詳細などの新しいワイヤレス ネットワークにネットワークの名前を作成する空港の基地局を使用して、パスワードとセキュリティの種類、このタブで変更し、更新をクリックして変更。

また、既存のワイヤレス ネットワークを拡張するベース ステーションを使用する場合名前、パスワードおよび既存のネットワークのセキュリティ更新できますここと同じ方法で。

 ワイヤレス  タブでは、ベース ステーションを作成または接続するネットワークについての情報を処理します。

新しいネットワークをブロードキャストして既存のものを拡張することを切り替えるには、 ネットワークモード  の横にあるリストの値を変更し、 更新 をクリックします。必要に応じて、 ネットワークモード フィールドの下に追加情報を入力して、操作を実行することができます。

また、 ワイヤレス タブを使用して、ゲストが意図した追加のワイヤレスネットワークを作成することもできます。これを行うには、 ゲストネットワークを有効にする の横にあるチェックボックスをオンにし、隣接するテキストフィールドに目的の名前を入力します。

パスワードを追加するには、 ゲストネットワークセキュリティ リストからセキュリティの種類を選択し、通常は  WPA/WPA2 パーソナル  を推奨し、目的のパスワードを入力します。更新をクリックします。

ワイヤレス オプション ボタンでは、いくつかの追加のネットワーク オプションを非表示に。

ワイヤレス オプション ボタンをクリックすると、ベース ステーションの無線放送に関連するいくつかの追加の高度なオプションを変更することも。 ゲストネットワークの作成に加えて、サポートされている場合は、 5ghz ネットワーク名 の横にあるボックスにチェックを入れて、必要な名前を入力して、5ghz スペクトラム上のネットワークをブロードキャストすることもできます。 保存 をクリックします。

また、 ワイヤレスオプション セクションを使用して、2.4 ghz (メインのワイヤレスタブで構成されている標準のワイヤレスネットワーク) と5ghz チャネルの両方のブロードキャストチャネルを変更することもできます。選択したチャンネル番号をそれぞれのリストから選択し、 保存 をクリックします。

ネットワーク

別に [ワイヤレス] タブ、[ネットワーク] タブは、あなたの接続されているデバイスと基地局の話を処理します。具体的には、[ネットワーク] タブは、DHCP リースと外部接続を制限するその他のオプションに加えて、IP の割り当てを制御します。

一般的には、このタブで変更することができますオプションは、そうそれ以外の場合は知っている正確に何を変更しているか具体的に指示している限り、それらを残してお勧めだ完全に使用可能なオプションを理解している上級ユーザー向けです。

あなたの IP アドレスは、いくつかの方法を提供できます。最も一般的なマニュアルのアドレスを ISP から受信して自動的に動的ホスト構成プロトコル (DHCP) を使用してを受信するアドレス。

空港ベースステーションをネットワーク上の別の既存のルーターと一緒に使用している場合、 ブリッジモード は、ベースステーションが接続されたワイヤレスデバイスに ip を割り当てることを回避します。 代わりに、ip アドレスを割り当てて、メイン ルータになっています。あなただけのルーターとして、ベース ステーションを使用して、DHCP と NAT オプションは IP アドレスを割り当てるし、接続済みのデバイスが、インターネットへのアクセスを許可するために必要です。

セットアップ中に選択したオプションに基づいて、空港ユーティリティが自動的に設定基地局用ルーター モード。ブリッジ モードでは、DHCP と NAT を使用したしかし、このモードを変更し逆更新] をクリックしてルーター モードの横にあるリストから必要な構成を選択します。

[ネットワーク オプション] ボタンをクリックしてカスタム リース期間の設定、DHCP によって割り当てられたアドレス、IPv4 の範囲を選択するなど、追加の DHCP オプションがあります。以下のオプションのいずれかを変更するのに 保存 をクリックします。

 ネットワーク タブでは、アドレス予約を含む DHCP 構成オプションを処理します。

また DHCP アドレス予約を設定しをクリックしてカスタム ポート設定を作成できます、必要な情報を入力し、保存をクリックして、それぞれ DHCP 予約またはポート設定  ボタン +。既存のこれらのオプションのいずれかを設定するには、リストからそれを選択し、クリックして  ボタン。

ネットワークへのアクセスも制限できます、ベース ステーションに接続する特定のワイヤレス デバイスの時間に基づいています。 この種の制限を追加すると、アクセス制御を有効にするの横にあるボックスをチェックし、アクセス制御のタイミングをクリックします。次の画面では、クリックして、+ ボタン。

後で参照できるように、 説明 フィールドに説明を入力し、ターゲット・デバイスの mac (メディア・アクセス・コントロール) アドレスを mac アドレス フィールドに入力します (OS X を含む多数のプラットフォームで mac アドレスを検索する方法の詳細については、Windows、iOS、Android、および多数のゲームコンソールについては、ウィキハウの コンピュータの MAC アドレスを確認する方法 を参照してください。

空港ユーティリティでは、特定の時間にネットワークにアクセスするから指定されたワイヤレス クライアントを制限することができます。

その特定の無線クライアントがネットワークにアクセスできるときのためのルールを作成します。 ドロップダウン リストとテキスト フィールドを使用して特定の日を選択し、時間を許可し、使用したい範囲、追加範囲を追加ボタンを +。[保存] をクリックし、これらの制限を制定します。

ディスク

 ディスク タブでは、接続されているすべてのストレージデバイスへのアクセスを管理できます。ファイル共有を完全に有効または無効にするには、必要に応じて ファイル共有を有効にする チェックボックスをオンにします。

また、これらのドライブへのアクセスの認証方法を変更することも。既定では、空港ユーティリティは、デバイスのパスワード認証を葉の With デバイス パスワード オプションを使用します。 これは、セキュリティで保護されたディスクの共有リストから代わりのオプションを選択することによって変更できます。

  • アカウントには、共有ファイルにアクセスするためのカスタム アカウントを作成することができます。 新しいアカウントの追加] をクリックして、+ ボタンをクリックして、必要なアカウント情報を入力し、保存をクリックします。リストから選択し、クリック、してアカウントを削除する - ボタン。
  • ディスク パスワードで単一のカスタム パスワードを入力し、基地局でファイル共有の認証の普遍的な手段として使用することができます。

ここで変更を加える 更新 ボタンをクリックします。

その他の機能

ベースステーションを再起動または復元するには、メイン空港ユーティリティ画面から目的のベースステーションを選択し、Mac のメニューバーで [ベースステーション] をクリックします。次に、[既定の設定を再起動または復元する] をクリックします。

できますもプリンターを追加する無線 (WPS) 空港ユーティリティのメイン画面から基地局を選択することによってあなたの Mac のメニューバーと選択する WPS プリンターの追加および次の基地局をクリックすると、画面に表示される指示。

結論

このチュートリアルでは、設定および空港ユーティリティを使って空港基地局を構成する方法を示しています。 空港ユーティリティは一般的にかなりやることは自明である寛容アプリです。それ以上の問題に実行すると、ただし、必ずコメントで知らせて。

Advertisement
Advertisement
Advertisement
Advertisement
Looking for something to help kick start your next project?
Envato Market has a range of items for sale to help get you started.